最近眠気を感じて仕方がない、高血圧だと言われてるし、もしかすると高血圧が悪化してるのかな?とご心配の方もいらっしゃるでしょう。

高血圧と眠気の関係や眠気が出る2つの原因についてお話しします。


 高血圧と眠気 2つの原因と解消方法

 高血圧の方は睡眠障害や睡眠時無呼吸症候群を伴う事が多い

 高血圧の薬(降圧剤)が眠気を引き起こす

 睡眠薬で良く寝る、昼間コーヒーなどカフェインを摂る


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


高血圧の方は睡眠障害や睡眠時無呼吸症候群を伴う事が多い

高血圧の方は睡眠の質が良くない方が多く、十分に睡眠がとれない方が多い傾向があります。

高血圧の方に多い睡眠時無呼吸症候群やいびきなどもそうですが、夜十分な睡眠をとれないと、昼間眠気という症状が出てしまい大きな事故につながるケースも報道されています。

高血圧の薬(降圧剤)が眠気を引き起こす

高血圧を下げる薬(降圧剤)を飲むタイミングによっては、眠気の症状が出る方もいますので注意が必要です。

特に起床時や昼食後に降圧剤を飲む方は要注意なのですが、日中に眠気が出てしまう方がいるようです。仕事の会議中、車の運転中など眠気が出たら大変です。

あまりにも眠気が強いようなら、降圧剤を服用する時間を夜に変更するなど医師に相談してみるのも良いでしょう。

睡眠薬で良く寝る、昼間コーヒーなどカフェインを摂る

寝つきが悪い方や睡眠障害がある方は睡眠薬を導入して、良質な睡眠を確保して日中の眠気を解消するのも一つの方法です。

睡眠薬で良質な睡眠を取ることで、高血圧も下がり日中眠気という症状も起こらないようになり快適に過ごせるようになります。

その他ありきたりですが、あまりにも眠気が強いようなら、カフェインの入ったコーヒーなどを飲むようにして、眠気を解消するといった工夫も必要です。

また無呼吸症候群やいびきなどがひどい方は、治療を進めて良質な睡眠が得られるように、そういった持病を治療する事も大切になります。

最後になりましたが、日ごろから高血圧でないか確認したり、高血圧に良い食事と適度な運動といった高血圧を下げる食生活も忘れないよにして下さいね。


スポンサーリンク