更年期は高血圧になりやすいと言われてますが、50代女性の2人に1人が高血圧だというデータもあり、更年期高血圧の注意喚起をしています。

40代半ばから50代女性で急速に増える更年期高血圧、どのような原因で高血圧になり、どのような症状が出るのかまとめておきます。


 更年期と高血圧 どんな原因があるの?

 閉経による女性ホルモンの減少

 肥満や運動不足による高血圧

 更年期に見られる不安やストレスによる高血圧

 高血圧を放置しない、生活習慣を改める


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


閉経による女性ホルモンの減少

更年期の閉経を境に女性ホルモンのエストロゲンが減少してくると、自律神経が乱れ血圧が安定しなくなってきます。

いわゆる更年期高血圧と呼ばれるもので、更年期に入ってから急増する高血圧の方を指しています。

女性は男性と比べて、30代までは血圧が低い方が多いのですが、更年期から徐々に高血圧の方が増えてきて、60代では男性と同じぐらいになってきます。

更年期に入った女性は、血圧を測るなどして血圧に注意を払うようにしましょう。

肥満や運動不足による高血圧

更年期に入ると、代謝も減り体重が減りにくくなってきます。更年期の女性に多い肥満や運動不足といった傾向が目に付くようになります。

肥満と運動不足は、高血圧の大きな原因となりますので、更年期を迎えた女性は今まで以上にダイエットやウォーキングなどの運動を日々取り入れる事が高血圧防止につながります。

更年期に見られる不安やストレスによる高血圧

更年期に入ると、自分の事だけでなく両親の介護や子供の事など考え事が増えてくる傾向があります。

考え事=ストレスとなりますが、ストレスは高血圧の原因の一つで、ストレスや不安は皆さんが思う以上に血圧を上げます。

今の時代ストレス社会と言われるように、ストレスを感じずに生活することはほぼ不可能だと思いますが、気分転換を図りながら高血圧にならないようにストレスをすり抜けていきましょう。

高血圧を放置しない、生活習慣を改める

更年期で少し血圧が高いだけ・・といって放置すると、慢性的な高血圧になる可能性があります。

更年期に入る40代50代女性は、血圧を測る習慣を身に付けて、更年期高血圧の兆候が見られたらすぐに医療機関を訪れるようにしましよう。

塩辛いものやアルコールの飲みすぎに気を付けて、高血圧になるような原因を減らすように心がけましょう。


スポンサーリンク