60代で高血圧という方は、40代50代で高血圧を発病しそのまま治療を受けてるという方が多いのですが、60代になってから高血圧を発病するケースも近年多くなってきました。

60代で高血圧になる方の主な原因は、加齢による血管の動脈硬化があります。そして動脈硬化を起こした60代は、下の血圧は正常だが上が高いという特徴的な症状が見られるようになります。

60代に多い高血圧の原因と症状をまとめておきましょう。


 60代に多い高血圧の原因と症状

 50代までに多い高血圧の原因と症状を全てチェックする

 高血圧の原因が動脈硬化でないか検査する%e8%a8%ba%e5%af%9f%e4%b8%ad

 血圧上が高く下は正常、上下差が大きい症状


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


50代までに多い高血圧の原因と症状を全てチェックする

50代までに多い高血圧の原因と言えば、塩分の多い食べ物、肥満、運動不足、ストレス、喫煙、飲酒、遺伝などがありますが、

60代で高血圧を発症する方の多くも、これらを原因として高血圧を発病しています。そして60代という事で新たに加わる原因が、加齢による動脈硬化から発病する高血圧です。

高血圧の原因が動脈硬化でないか検査する

60代で高血圧を発病した方は、上記原因の他、動脈硬化がないかどうかをチェックするのが良いと思います。

血圧脈波検査というのがありますので、通院されてる病院で受ける事が出来れば動脈硬化の進み具合をチェックしてみて下さい。

私も2回検査してますが、1回3,000円ほどで検査できます。

血圧上が高く下は正常、血圧の上下差が大きい症状がある

60代で高血圧の症状として特徴的なのが、下の血圧が正常(85未満)で上の血圧が高血圧の数値(140~)となる方が多い点です。

先ほどお話しした動脈硬化が大きな原因の一つですが、下の血圧が低くて上が高いと、上と下の血圧の差が大きくなります。

血圧の上下差は、血液をためて送り出す心臓の負担を増やし、心疾患などを引き起こす可能性もあります。

上の血圧だけを下げる方法というのはありませんので、通常の高血圧の治療を行うことになります。

60代で高血圧と診断されたら、高血圧に良い食事を食べて血管を柔らかくするように心がけましょう。


スポンサーリンク