目が赤い方を街中で見かける事がありますが、目が赤い人は重篤な病気を抱えてる可能性があります。

目が赤いという症状は、単に目をこすったりぶつけただけの方や高血圧や糖尿病の方の重篤な症状として出る事があります。


 高血圧の症状で目が赤いのかな?

 結膜炎や結膜下出血で目が赤い

 目の動脈硬化の症状で目が赤い

 高血圧性網膜症の症状で目が赤い


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


結膜炎や結膜下出血で目が赤い

目をこすったり、ぶつけた時、白目の部分が赤い症状となることがあります。

かなり目が赤いので驚く方も多いのですが、結膜下出血などは特に治療も必要なく1週間もすれば消えますので心配はいりません。

結膜下出血の場合、こすったなどで目が赤いケースがほとんどですが、まれに高血圧による血管損傷で目が赤い可能性があります。

ただし血圧を測定してみて問題ないようなら心配はいらないでしょう。

目の動脈硬化の症状で目が赤い

高血圧で目の動脈硬化が進むと、動脈が出血を起こし黒目の回りが赤くなったり、目が疲れやすくなり目が赤いと言う方も出てきます。

いずれにしても、目の動脈硬化の原因を追究し、高血圧が原因なら血圧を下げるよう努めないとなりません。

高血圧性網膜症の症状で目が赤い

高血圧や糖尿病を悪化させると、網膜症になる方が出てきます。

目の網膜の血管が固くなって腫れたり、破れて出血して目が赤いという症状が出ます。結膜炎や結膜下出血と違い網膜症の場合はかなり問題です。

というのも、物を見るのはこの網膜でしかありませんので、そのうち目が見えなくなる(失明)という最悪の状況も考えられてしまうからです。

ちょっと目が赤いだけ、疲れが出ただけと軽く流さずに、もしも2~3日で目が赤いのが消えないようなら、高血圧ででないか確認するようにして下さい。目に症状が出たら要注意ですよ。


スポンサーリンク