もしもあなたが、更年期障害、ストレス過多、睡眠不足、偏った食事・・・この中に一つでも思い当たるものがあるとすれば、

高血圧になっても倦怠感の症状が出ても全く不思議ではありません。

更年期障害、ストレス過多、睡眠不足、偏った食事は、高血圧と倦怠感の2つに共通する原因だからです。

高血圧と倦怠感に共通する4つの原因を徹底的に解明していきます。


 高血圧と倦怠感に共通する4つの原因

 更年期障害

 ストレス

 睡眠不足

 偏った食事


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


更年期障害

40代50代の女性は、更年期障害が原因で高血圧と倦怠感の症状が出やすいと言われています。ですので、高血圧や倦怠感の症状を無くすには更年期障害を治療するのが一番の方法となりますので医師の指示に従って生活していきましょう。

ストレス

高血圧の原因にストレスがありますし、ストレスから倦怠感という症状が出る方もいます。高血圧もストレスも、倦怠感を伴う事が多いので、うつ病などに移行してしまう方もいます。

ストレスをなくすことが、倦怠感や高血圧を下げる最良の治療となりますので、細かいことは気にしないようにする事が大切です。

睡眠不足

睡眠不足の方は高血圧になったり、倦怠感の症状が出る方が多くなります。一日6時間未満の睡眠時間は、高血圧になるというデータがありますし、睡眠不足は疲れが取れずにだるいなどの倦怠感が生じます。

仕事や家事が忙しいとか、ストレスが多くて寝付けないとか、睡眠時間が十分に取れない理由がいくつかあるとは思いますが、睡眠時間の確保して倦怠感の症状が出ないようにしましょう。

偏った食事

ダイエットしていて十分食べていないとか、食べてはいてもエネルギーに変えるためのビタミンBやCが不足していてエネルギー不足となっていたりしてませんか?

エネルギー不足だと、ふらついたり、体がだるいなどの症状が出て、倦怠感の症状が出ます。

また塩分が多い偏った食事ばかりしてると高血圧になりますし、高血圧から倦怠感の症状が出るのは先ほど述べた通りです。

食生活を正して、高血圧と倦怠感から抜け出していきましょう。


スポンサーリンク