高血圧に良い食事を一覧表にしました。

高血圧の症状がある、血圧を測るといつも高めという方が、次に挙げる高血圧に良い食事を食べるようにすると高血圧が下がる可能性があります。

無理する必要はありませんが、出来るだけ日々の高血圧の食事に入れていきましょう。

高血圧に良い食事一覧表 高血圧を下げる食材名
3つの青魚 いわし、さんま、ぶり
2つの貝 あさり、かき
5つの果物 バナナ、アボカド、夏みかん、リンゴ、柿
お酢 黒酢、穀物酢、リンゴ酢
5つの海藻 昆布、めかぶ、もずく、ひじき、わかめ
大豆製品 豆腐、あげ、おから、厚揚げ、納豆
そば ルチン
10の野菜 ほうれん草、玉ねぎ、トマトなど
※1表内の食材名は個別の記事になります
※2糖尿病の方は糖質が多い5つの果物と蕎麦は食べ過ぎ注意です


スポンサーリンク



━━━━━━━━━━━━━━━━━━


高血圧に良い食事~私の場合~

私は高血圧(160/100前後)で悩んでた時期が半年ほどあったのですが、高血圧の食事と運動療法を続けた結果、血圧が基準値で推移するようになりました。

血圧が基準値になってからも、高血圧の食事と運動を長年続けていて、今でも血圧は基準値内で収まっています。

私がどのような高血圧の食事を食べてるかいくつか書いておきますね。

高血圧に良い食事~朝食~

大豆パンかおから蒸しパンなどの大豆製品の朝食です。

大豆は高血圧の食事には不可欠ですし、マルサンアイの大豆パン一枚(45g)のナトリウムは250mgなので、250×2.54÷1000=0.63gが大豆パン一枚の食塩量となります。これなら塩分制限してる方にも安心な食事ですね。

・食塩相当量(g)=ナトリウム(mg)×2.54÷1000
・食塩相当量1g=ナトリウム量は約400mg


これを覚えておいてください。すぐに塩分量が分かり便利ですよ。高血圧の方の一日の塩分制限は6g未満と決められています。

高血圧に良い食事~昼食~

出来る限り、青魚、豆腐や納豆などの大豆製品、めかぶやもずくなどの海藻を食べるようにしています。

青魚は焼いて、納豆と海藻は酢を大さじ1杯入れて混ぜるだけですので調理は必要ありません。

私の実感としては(統計を出した訳ではないです)、「納豆+海藻+お酢」これはかなり高血圧の食事としては優秀ではなかろうかと思っています。

高血圧に良い食事~夕食~

高血圧を下げる10の野菜を中心にしたサラダはほぼ毎日の食事で食べています。サラダのポイントは大さじ1杯のお酢をかける事です。

血圧を下げるお酢の記事でも書きましたが、2か月ほど大さじ1杯のお酢を続けると上の血圧が10mmHg下がるのが平均値となります。10mmHgというのは実は降圧剤の血圧降下率とさほど変わらないのです。

「お酢=降圧剤」と考えると、これほどお安く健康的な高血圧の食事はないかなと思っています。

もちろん高血圧の夕食はサラダだけでは足りませんので、主食は何が多いのかと言いますとここでもポイントがあります。

高血圧の夕食にはお肉をメインで食べています、しかし、脂身の少ないヒレや鳥なら胸肉などにしてる点がポイントかなと思います。

お肉は高血圧になるという意見もありますが、それは食べ過ぎた場合や脂身の摂り過ぎによる高血圧やそれに伴う飲み物の量が増えたことによる高血圧だと私は思っています。

けっして、肉=高血圧ではないと思いますので(私が長年大丈夫です)、肉の量や質に注意するようにして高血圧の食事を続けていくようにしていきましょう。


スポンサーリンク